FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

自然と大地が生み出す色 セルロイド眼鏡『歩』AYUMI

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

私が、TwitterやInstagramを始めて「セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の色という事に
改めてじっくり向き合うことになってみると、色についての新たな気づきがありました。
「セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の色は、素材の色の違いだけでなく、艶や光の通し具合も合わさって
存在しているようです。
ですから、「セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の中では、例え素材が同じ色であっても、
形が変われば全く別の色に感じられることがあります。
それが、「セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の魅力のひとつかもしれません。

「翡翠(ひすい)のような色味」
自然が長年の月日をかけて作り出す宝石という傑作と、見間違えそうなほどのこの色。
そしてこの色の魅力を増している このなめらかさは職人の感覚だけで作られています。
5次元のマシンをも遥かに越える職人の手仕事です。

AYUMI L1032 col.1235(ミルキーグリーン)

DSC03212.jpg


大地の中に存在する色味は「アースカラー」と呼ばれていますが、
この色合いは、大地の中で暮らす私達人間を自然体にみせてくれる効果があると思っています。
素直なありのままの自分も楽しみたい!そんな気持ちで私も愛用しています。
このバッファローホーンと呼ばれる水牛の角を模した色を見ながら、
遥かなるアフリカのサファリに想いを馳せてみたりしています。

AYUMI L1030 col.1231 (マーブルカーキ)

DSC03374.jpg

IMG_0748 (002)1


全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

<セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様につきまして>
感染拡大防止のため営業日・営業時間が変更されている場合や
予約のみにて個別対応をされている場合がございます。
事前にお電話等にてご確認いただけますようお願い申し上げます。


セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ



皆様、どうぞ体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。


-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2020/04/27(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twitter ・ Instagram 始めております。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

例年の4月ですと、私は眼鏡店様の為の展示会や出張で、当工場を離れていることが多いのですが、
今年はいつもとは違う時間を過ごしています。
この時間は、しっかりとセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”と向き合う時間だと思っています。

私達がセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”と一緒に歩き始めて20年になります。
我が子のように思えるこの眼鏡の事を私達はたくさん知っています。
そんなセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の事をたくさんの方に「知ってもらいたい。」
そんな気持ちから私は、Twitter と Instagram を始めました。



― Twitter と Instagram への投稿から ―

「赤」はいつでも、心躍る色。
是非、心躍らせてサングラスを掛けてみてほしい。
そして見えた世界に、必ず驚くはず。
なぜならこのサングラスは、特別だから。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI S101 col.1265 (レッド)

DSC03124.jpg


眼鏡が「美しい」のは、素敵。
眼鏡が「掛ける人を美しくする」のは、もっと素敵。
「私は眼鏡が似合わない」そう思っている人が最初に試してみるべき眼鏡。
「この眼鏡が似合わない人はいない」と私は思っている。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI L1021 col.6052 (クリアマロン)

DSC03136.jpg


大海原を悠々と泳ぐ海亀の甲羅は、昔からベッコウとして愛されている。
この色は、そんなベッコウを模して作られたセルロイド。
今では、本物のベッコウに引けを取らないばかりか、セルロイドの代表色といえるだろう。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI C306 col.5265 (トートイス)

DSC03110.jpg


「クロブチメガネ」への憧れを持っている人へ。
この限りなく細く薄く作り上げたられた黒い眼鏡がきっとあなたの背中を押してくれる。
そして職人が渾身の磨きで導きだした上質な黒に、あなたは優越感を抱く。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI L1022 col.0907 (アユミブラック)

DSC03161.jpg


― Twitter と Instagram を始めてみて ―

自分の伝えたい事を、限られた文字数に落とし込むうちに、
これらの眼鏡に対しての想いが沸いてきます。
「こんな風に想っていたんだ。」と自分でも驚いています。
このブログとは、また違ったテイストでお楽しみいただけますと嬉しいです。

Twitter はこちらからどうぞ 
Instagramはこちらからどうぞ

フォローしていただけると嬉しいです。



皆様、どうぞ体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。

全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ

-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --








テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2020/04/19(日) 18:04:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーブの茶葉がほぐれながら醸し出す色合い

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

先週に引き続き、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の「色」という点に注目してお伝えいたします。
『歩』“AYUMI”という眼鏡を形作っているのは、セルロイドという素材ですが
セルロイド素材の色のなかには、このようないろいろな色の流れが混ざり合って、
総合的にこの色合いが出来上がっているものがあります。
どの色と、どの色の流れが混ざり合うと、どのような色合いになるのかはとても複雑な組み合わせです。
最終的に素敵な色合いに調合できるのは、セルロイドの色を調合するプロの仕事だと感心します。

DSC03057.jpg

私達は、この色を「ハーブティー」と呼んでいます。
お湯のなかでハーブの茶葉がほぐれながら醸し出す色合いのように感じています。

DSC03061.jpg

AYUMI L1018 col.8017/1243(フロント:ブラウン つる:ハーブティー) SIZE 52□16-140

DSC03063.jpg

A Y U M I - L (ライトシリーズ)の特長である薄さによって、一段と光を通して鮮やかです。
-A Y U M I - L (ライトシリーズ)とは-
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。
プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く、
品質を保ちながら薄くできるのが特長。重さを感じさせない眼鏡。

DSC03066.jpg

AYUMI L1011 col.1243(ハーブティー) SIZE 51□16-143

DSC03065.jpg

今年の桜が見れるのも、もうあと少しのようです。
次に桜を見る頃には、きっとこの静かなお花見がうそだったかのように
活気づいていますよ、きっと。

2020041214051380f.jpeg

皆様も体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。

全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ

-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --






テーマ:毎日を楽しむ♪ - ジャンル:ライフ

  1. 2020/04/13(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色の流れが折り重なって出来上がる色

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

4月になりましたね。
4月最初の今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の「色」という点に注目してみたいと思います。
『歩』“AYUMI”という眼鏡を形作っているのは、セルロイドという素材です。
セルロイド素材は、もともとはこのような板状の姿をしています。
これはそのセルロイドを徐々に薄くしてみたものですが、こうするとこのような色の流れが重なり合って、
総合的にこの色合いが出来上がっていることがよくわかります。

DSC03004.jpg

左側 : AYUMI-L (ライトシリーズ)
右側 : AYUMI-R (レギュラーシリーズ) 

『歩』“AYUMI”はシリーズによって、セルロイドの厚みを変えています。
AYUMI-L (ライトシリーズ)は、その名の通り Light (軽い)シリーズですので薄く作られています。
このカラーを『歩』“AYUMI”では、col. 0473(ローストブラウン)と呼んでいます。
厚みが薄くなるほど、透け感が上がり軽やかな感じになります。

DSC03006.jpg

左側:AYUMI L1017 col.0473(ローストブラウン) SIZE 52□16-140
左側:AYUMI 047   col.0473(ローストブラウン) SIZE 54□17-145

DSC02993.jpg

セルロイド素材の色には、このように色の流れが折り重なるものもたくさんあります。
濃い色と薄い色との折り重なりで出来上がっている色は、所々が光を通して輝きます。
これもまた、セルロイド眼鏡の素敵なところです。


<事前にお電話等でのお気軽なお問い合わせもお受けしておりますので、ご遠慮なくご連絡ください>


この眼鏡をお試しいただけますのは、全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱の眼鏡店様です。
全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

そして、先日もエンドユーザー様より疑問に思われた点をご質問いただきましたが、
私達は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の生みの親ですので、できる限り真摯にお応えさせていただくつもりでおります。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ



外出やミーテイングがためらわれるこの頃ですので、
他のブランドさんやお店様、お客様とこんなことも試してみました!

IMG_1789.jpg

今年の桜を車窓から見ていたら、涙雨。
今はみんなが我慢の時ですね。

IMG_1784 (2)

皆様も体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。


-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --
















テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2020/04/06(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掛けてみて初めてわかる。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

一気に冬に逆戻になったところもありました。
想定外の事ばかりを経験している今日この頃ですが、落ち着いて過ごすことを心がけようと思います。

時代が変わっても、長く使い続けられているものがあります。
「色々と新しいものに目移りして試してみたけれど、やはり戻ってきてしまった」
私が生活で使っているものの中には、そんなものがいくつかありますが
私達の作っているセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も何となくその仲間のように感じています。

AYUMI C307 col.0907(アユミブラック) SIZE 50□18-145



AYUMI C308 col.5198(トートイス) SIZE 52□18-145

c_308_l.jpg

『歩』“AYUMI”という眼鏡は
「掛けやすさを追求する」ことを大切に考えて誕生しました。
いくらこの画像を見ていただいても、ブログの説明を読んでいただいても
実は「掛けてみなければわからない」眼鏡であり「掛けてみて初めてわかる」眼鏡です。

この眼鏡を「掛けてみることができる」のは、全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱の眼鏡店様です。
全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

そして、昨日もエンドユーザー様より疑問に思われた点をご質問いただきましたが、
私達は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の生みの親ですので、できる限り真摯にお応えさせていただくつもりでおります。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ

きらびやかさや華やかさはないけれども、心地良くさせてくれるものがあります。
気持ちを元気づけてくれるものがあります。
そのようなものにもっと気付ける自分になりたいと思うようにもなりました。

20200329133420068.jpeg

来週は4月になりますね。
展示会がなくなり、いつもの4月とは少し違う時間を過ごすことになりました。
「眼鏡をつくること」にじっくりと向き合う時間となりました。
職人達と力を合わせて良い眼鏡が出来上がるように頑張ります。



皆様も体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。


-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --












テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2020/03/30(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる