FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

Twitter ・ Instagram 始めております。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

例年の4月ですと、私は眼鏡店様の為の展示会や出張で、当工場を離れていることが多いのですが、
今年はいつもとは違う時間を過ごしています。
この時間は、しっかりとセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”と向き合う時間だと思っています。

私達がセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”と一緒に歩き始めて20年になります。
我が子のように思えるこの眼鏡の事を私達はたくさん知っています。
そんなセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の事をたくさんの方に「知ってもらいたい。」
そんな気持ちから私は、Twitter と Instagram を始めました。



― Twitter と Instagram への投稿から ―

「赤」はいつでも、心躍る色。
是非、心躍らせてサングラスを掛けてみてほしい。
そして見えた世界に、必ず驚くはず。
なぜならこのサングラスは、特別だから。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI S101 col.1265 (レッド)

DSC03124.jpg


眼鏡が「美しい」のは、素敵。
眼鏡が「掛ける人を美しくする」のは、もっと素敵。
「私は眼鏡が似合わない」そう思っている人が最初に試してみるべき眼鏡。
「この眼鏡が似合わない人はいない」と私は思っている。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI L1021 col.6052 (クリアマロン)

DSC03136.jpg


大海原を悠々と泳ぐ海亀の甲羅は、昔からベッコウとして愛されている。
この色は、そんなベッコウを模して作られたセルロイド。
今では、本物のベッコウに引けを取らないばかりか、セルロイドの代表色といえるだろう。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI C306 col.5265 (トートイス)

DSC03110.jpg


「クロブチメガネ」への憧れを持っている人へ。
この限りなく細く薄く作り上げたられた黒い眼鏡がきっとあなたの背中を押してくれる。
そして職人が渾身の磨きで導きだした上質な黒に、あなたは優越感を抱く。
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI
AYUMI L1022 col.0907 (アユミブラック)

DSC03161.jpg


― Twitter と Instagram を始めてみて ―

自分の伝えたい事を、限られた文字数に落とし込むうちに、
これらの眼鏡に対しての想いが沸いてきます。
「こんな風に想っていたんだ。」と自分でも驚いています。
このブログとは、また違ったテイストでお楽しみいただけますと嬉しいです。

Twitter はこちらからどうぞ 
Instagramはこちらからどうぞ

フォローしていただけると嬉しいです。



皆様、どうぞ体調管理に気をつけてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。

全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちですので、
眼鏡でお困りの事などもご遠慮なくご相談ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ

-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --








テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2020/04/19(日) 18:04:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自然と大地が生み出す色 セルロイド眼鏡『歩』AYUMI | ホーム | ハーブの茶葉がほぐれながら醸し出す色合い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.blog41.fc2.com/tb.php/575-2455b04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる