FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

「全く同じもの」は存在しないのです。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

今日は、ひと休みしてお茶の時間といたしましょうか。
このコップは、私が愛用している食器の一つです。
少し落ち着きたい時や気分を変えたい時に、このコップを用意します。
手にすっぽりと収まり心が落ち着く気がするのです。

このコップについて少しご説明させてください。

これは、0歳からの伝統ブランドaeru のコップなのです。
-0歳からの伝統ブランドaeruとは-
「“本”当に赤ちゃん・子どもたちに贈りたい日本の“物”」=ホンモノが、
子どもたちの豊かな感性や価値観を育むお手伝いができますように。
そんな想いを込めて、幼少期から共に育ち、大人になっても寄り添うことができる一生モノを、
日本全国の職人と生み出しています。

どうぞ詳しくは、是非こちらをご覧ください。意義深いお仕事をされています。
ホームページ:株式会社 和える-日本の伝統を次世代に繋ぐ-

DSC02971 (2)

福岡県の小石原焼で出来ています。
「飛び鉋(とびかんな)」と「刷毛目(はけめ)」という伝統的な技法が使われています。
おそらく、その時々に職人さんが生み出す模様は全く同じものが存在しない1つ1つがオリジナルです。

DSC02978.jpg

私達の作るセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も同じです。
職人達が削ったり磨いたりして作りだす眼鏡は、1つ1つがオリジナルです。

DSC02855.jpg

右上:AYUMI L1030 col.1228(グレイッシュピンク) SIZE 53□16-143
中央:AYUMI L1032 col.1228(グレイッシュピンク) SIZE 52□16-140
左下:AYUMI C307  col.1228(グレイッシュピンク) SIZE 50□18-145

DSC02859.jpg

これらグレイッシュピンクは、別名「薄墨桜色」と呼ばれています。
これから咲き始める桜のように、なんとも素敵な日本らしい色合いだと思います。
ぜひ一度実際に掛けてご覧ください。

全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様は、こちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちです。
どうぞ、お困りの事などをご遠慮なくご相談ください。
また、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。


-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --











テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2020/03/16(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あなたを堅実に支えてくれる『歩』“AYUMI”の4つのモデル | ホーム | この機会に『歩』“AYUMI”ならではの特典をご利用になりませんか。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.blog41.fc2.com/tb.php/569-f4600ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる