FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

こちら福井県でも、「梅雨入り宣言」が発表されまして、その途端どんよりとした曇りの日が続いています。
実は私自身は、曇りや雨の日はそれほど嫌いではありません。
晴れの日は、どちらかと言うと心浮き立つ感じでそわそわとしています。
一方、曇りや雨の日は、なんだか落ち着いて室内の物事に集中できる気がするからです。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も、使う方を「落ち着いて集中できる」気分に誘える眼鏡でありたいと考えています。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-R (レギュラーシリーズ)の特長を
ご説明しながら、このシリーズに属してる代表的なモデルをご紹介いたします。

- AYUMI-R (レギュラーシリーズ)とは ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

AYUMI 036 col.5122W(アユミブルー/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-5122Wロゴ有り

AYUMI-R (レギュラーシリーズ)は、十分な厚みを持っていますので、職人の手によるいろいろな手法のカットを取り入れながら
製作しています。

AYUMI 036 col.0674W(アユミパープル/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-0674Wロゴ有り

この重厚さから想像すると、とても重い眼鏡のように感じられるかもしれませんが、必要な部分は厚く、不必要な部分は薄くというように重量バランスを大切に考えて作っていますので、見た目より軽いのです。

AYUMI 036 col.0907W(アユミブラック/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-9071Wロゴ有り

見る角度によって、表情が変わります。いろいろな表情をお楽しみください。

036-0907Wロゴ有り

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

IMG_0220_convert_20160424093238_20190601174351607.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



本日ご紹介いたしましたAYUMI-R (レギュラーシリーズ)AYUMI 036は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にてお試しくださいませ。

また、現在このモデルの次回分の製作に取り掛かっております。
出来上がり予定は、2019年10月頃でございます。
出来上がり数量に限りがございますので、事前にご予約いただけますと幸いでございます。

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --













テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/10(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。 | ホーム | 職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.blog41.fc2.com/tb.php/527-20803ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

Author:セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI”は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる