FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

この曲線カットは、社長のデジャヴから。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

2月というのに、今週は暖かくなる予報が出ておりますので何だかほっとしております。
先週は、AYUMI C-306 のつるの部分の特長をご覧いただきました。
こちらが、先週ご紹介した AYUMI C-306 col.0907(アユミブラック)です。
つやありの部分とつや消しの部分が、光と影になりお互いを引き立てあっています。

DSC02134.jpg

他にも、このような特長を持つモデルがありますので、ご紹介させていただきます。

AYUMI 047 
こちらのつるには、曲線的なカットを施しています。
そして、つやありの部分とつや消しの部分があります。
この光と影は、お互いに協力して立体感を高めているように思えます。
まるで彫刻された木材であるかのようです。

DSC02216.jpg

実はこの曲線のカットが生まれたのは、社長のデジャヴ(既視感―実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象)が発端でありました。
「前に作った、こういう風にカットが入っているあのサンプルを見せてくれ。」と、手で曲線を表しながら社長は私達に言いました。
「そのようなカットは作ったことがありませんが。」
「いやいや、絶対ある。俺は見たことがある。」
と言い張った社長ではありましたが、デザイナーさんを含む全員が首をかしげたのでした。
そんなことが発端でこの曲線のカットを作ることになったのです。
社長のこの脳の記憶が何に基づいたものであったのかは、後になんとなく明らかにはなるのですが。

AYUMI 047 col.7097(フロント:ブラック/ブラウンツートン つる:ブラック) SIZE 54□17-145

DSC02276.jpg

このフロントのカラーであるブラックとブラウンのツートンカラーは、この写真右側のように作られているツートンカラーの
セルロイド生地を使用することで出来上がっています。ご存知だったでしょうか。

DSC02258.jpg

AYUMI 046
そしてつるに同じ特長を持つもうひとつのモデルです。
同じつるの特長を持ってはいますが、フロントの形の違いで、このつるのカットの雰囲気も
違って感じられます。

DSC02289.jpg

AYUMI 046 col.7098(フロント:ブラック/グレーツートン つる:ブラック) SIZE 53□18-145

DSC02282.jpg

このAYUMI 046 047 は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、AYUMI-R (レギュラーシリーズ)に属しています。
- AYUMI-R (レギュラーシリーズ)とは ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

これら2つのモデルの他バリエーションは、どうぞこちらからご覧ください。 
AYUMI046と 047のバリエーション

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける眼鏡店様はこちらです。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ




また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/02/18(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私が初めて眼鏡を作ろうと決めたのは。 | ホーム | 眼鏡店さんが自分のために選ぶ眼鏡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.blog41.fc2.com/tb.php/509-dbaaa43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

Author:セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI”は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる