FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

三重県津市 オプトホリさんでのイベントをご紹介します。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

今日は海の日ですが、夏本番まではもう少し時間が必要のようですね。
本日は、先週の土曜日の特別イベントの様子をご紹介いたします。

AYUMI Café(アユミカフェ)
三重県津市の オプトホリ 様にて
『歩』AYUMI のオリジナルブレンドコーヒーを飲みながら、
『歩』AYUMI 製造元であるマコト眼鏡 取締役社長が、
『歩』AYUMI にまつわるお話や、眼鏡にまつわるお話をさせていただきました。

20190714062012547.jpeg

私達眼鏡の作り手と実際の眼鏡の使い手の方が、直接お会いしてお話させていただく特別なひとときです。
初めて聞く「めがねの話」に、「ほーっ。」「へーっ。」「ふむふむ。」と、お客様の率直なリアクションが続きます。
そしてその間にも、お客様からもご質問があったりと和気藹々とした雰囲気です。
アユミオリジナルブレンドコーヒーにまつわる話も、その美味しさと共に楽しんでいただきました。

20190714062050101.jpeg

最後には、「サングラスに対しての固定概念が変わったわ。」というお客様の言葉をいただき、
セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI”のサングラスシリーズを掛けての記念撮影となりました。
ご参加くださいました皆様ありがとうございました!

引き続き、たくさんの『歩』“AYUMI”をご覧いただきご試着いただけるイベントを開催中です。
「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
●期間:2019年7月12日(金)~21日(日) (7/17.7/18は休業)
  時間:10:00~19:00
●会場:オプト ホリ様
〒514-1108
三重県津市久居射場町51 TEL 059-256-8623
久居インターチェンジから車で3分
久居駅から徒歩15分
●入場料:無料
もうすぐやって来る本格的な夏に備えて、是非、セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI”のサングラスシリーズも
お試しください。「今までのサングラスへの固定観念が変わる。」かもしれません。

全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様はこちらからどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちです。
どうぞ、お困りの事などをご遠慮なくご相談ください。

また、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
マコト眼鏡へのお問い合わせ


ちびっ子が立ち去った後には、全ての人がお辞儀していて、思わず笑ってしまいました。

20190714224219d36.jpeg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --











テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/07/15(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーベリーばかりを選ぶ友人

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

先日、学生時代の友人達と何年ぶりかで旅行に行ってきました。
女子4人のそれは賑やかで楽しい旅でしたが、その中の一人が、飲み物を選ぶ時にも、
ジャムを選ぶ時にも、ほとんど“ブルーベリー味”を選ぶのですが、「目に良いと思うから...」と必ず言うのです。
話を聞いてみると、彼女は常に眼鏡を掛けているのですが、仕事上パソコンワークも多く、
かなり目が疲れている気がするらしいのです。
ここ何年か眼鏡屋さんへ行ったことが無いとも言います。
一度、眼鏡店さんでその眼鏡と視力を検査してもらってはどうかとアドバイスしました。
ブルーベリーを食べるのも良いかもしれませんが、適切な眼鏡を使用しているかどうかは、
とても大切な事だと思います。

このブログをご覧いただいて、眼鏡店さんへ行ってみようと思われた方は、こちらまでどうぞ。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお取扱いただいているお店様は、豊富な知識と確かな技術をお持ちです。
どうぞ、お困りの事をご遠慮なくご相談ください。

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。
 マコト眼鏡へのお問い合わせ



【イベントをご紹介いたします。】
100種類

【三重県 津市】
「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
たくさんの『歩』“AYUMI”をご覧いただきご試着いただけるイベントです。
●期間:2019年7月12日(金)~21日(日) (7/17.7/18は休業)
  時間:10:00~19:00
●会場:オプト ホリ様
〒514-1108
三重県津市久居射場町51 TEL 059-256-8623
久居インターチェンジから車で3分
久居駅から徒歩15分
●入場料:無料

< 特別イベント >
AYUMI Café(アユミカフェ)
『歩』AYUMI のオリジナルブレンドコーヒーを飲みながら、
『歩』AYUMI 製造元であるマコト眼鏡 取締役社長が、
『歩』AYUMI にまつわるお話や、眼鏡にまつわるお話をさせていただきます。
どうぞリラックスしてお楽しみください!
●日時:2019年7月13日(土)18:00~ (およそ1時間の予定です)
●会場:オプト ホリ様
このイベントには、お申込みが必要です。
詳細はこちらオプトホリ様ホームページでご確認ください。

私、増永由美子も参加させていただきます。皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

DSC02373.jpg


旅行では、人力車に分乗したおかげで、思いがけず素敵な場所を訪れることができました。
森の中を自然の風を感じながら駆け抜ける爽快感は、今回の旅行での大切な思い出になりました。

20190706125922c51.jpeg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --











テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2019/07/08(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トークイベント 「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

6月最後の土曜日は、イベントが開催されました。
その様子をご紹介いたします。

和える代表 矢島里佳 X マコト眼鏡社長 増永昇司
「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」
場所: aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105

司会進行は、和える代表 矢島里佳さん
マコト眼鏡 社長 増永昇司 そして私 増永由美子が、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてや、
私達のものつくりへの考え方などをお話させていただきました。

201906301636549b4.jpeg

こちらは、午前の部の様子です。土曜の朝にもかかわらずたくさんの方がお越しくださいました。

201906301636578cd.jpeg

ご参加の方からの質問にもお答えしながら、トークイベントは進んでいきます。

20190630163655a25.jpeg

実際にセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただくと、
「こんなにフィットするプラ枠の眼鏡始めて!」
「本当に軽くてびっくり!」
「サングラスでこんなに視界が良好だったなんて!」
など、見ているだけではわからない、かけるからこそわかる職人技に驚きの声が上がりました。

実は、このトークイベントには、台本はありません。
「あらかじめお話することを決めてしまったのではつまらない!」と
和える代表 矢島さんから急に飛び出す変化球に、真っ向から立ち向かいながらの私達のトークは、
お客様にお話しているようでいて、本当は自分達自身が常に思い続けている大切な事に気づかされていたりします。

2019063016365859b.jpeg

和えるさんは、
『先人の智慧を私たちの暮らしの中で活かし、次世代につなぐこと』を目指し、
次世代に伝統をつなげる仕組みを創出するために、誕生しました。

『歩』AYUMI という眼鏡は、
「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたい。
そんな想いから、誕生しました。

このような2つを「和える」イベントにたくさんの皆様 お越しくださいまして
本当にありがとうございました。

引き続き 8月31日まで aeru meguro様にてセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”展を開催しております。
いろいろなセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただけます。
どうぞ是非お出かけくださいませ。
住所:東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105


全国でセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただけるお店様はこちらです。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ

今日から、7月。
一年の後半が始まり、もう少しで夏がやって来ます。
ほんの少しずつでも、心豊かに日本の四季を感じとる時間を持ちたいと考えています。

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







  1. 2019/07/01(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

この度の地震で被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げます。
雨が降って気温が下がったり、気温が上がって蒸し暑くなったりして、この季節は本当に体調管理が難しいです。
どうぞ皆様ご自愛くださいませ。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-S (サングラスシリーズ)の特長をご説明しながら、このシリーズに属しいてるモデルをご紹介いたします。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)とは -
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

<このシリーズで使用するレンズにつきまして>
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。

<「偏光サングラス」検査適合商品>
AYUMI-S (サングラスシリーズ)は家庭用品品質表示法に定められた方法に基づいた各種試験を受けて
適合すると認められています。

AYUMI S-101 Col.0907 (アユミブラック)
レンズカラー:ダークグレー *可視光線透過率 :12% *紫外線透過率:1%以下

s_101_l_convert_20170716144526.jpg

AYUMI S-102 Col.5122 (アユミブルー)
レンズカラー:ブルーグラディエント *可視光線透過率 :32% *紫外線透過率:1%以下

s_102_l_convert_20161203131418_201707231606146ec.jpg

AYUMI S-103 Col.8017 (ブラウン)
レンズカラー:ブラウングラディエント *可視光線透過率 :12% *紫外線透過率:1%以下

s_103_l_convert_20161203131437_201707091607223d5.jpg

AYUMI S-105 Col.7105 (ウエィビーブルー)
レンズカラー:ミディアムグレー *可視光線透過率 :15% *紫外線透過率:1%以下

S105-7105.jpg

AYUMI-S (サングラスシリーズ)は、めがねふき、革ケース、外箱がセットされています。
こちらもすべて日本国内で製造しております。

DSC01325_20180902154607c3e.jpg

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



本日ご紹介いたしましたサングラスのカラーバリエーションも含めまして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、
どうぞこちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



【トークイベントをご紹介いたします。】

和える代表 矢島里佳 X マコト眼鏡社長 増永昇司
「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」

日時: 2019年6月29日(土)
【1】10:30-11:30 【2】19:00-20:00 (どちらも内容は同じです)
場所: aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105
定員:20名
参加費:無料 <お申し込みが必要です。 こちらからどうぞ>

95052f37e6ec3186704688cca4e69247-1300x863.jpg
(前回の様子です。)



見上げると、緑の美しさ。
この緑の葉っぱ、このセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の偏光サングラスで見ていただきたいです。

IMG_1241.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --









テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/24(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

こちら福井県は、一年を通して湿度が高い地域です。
全国放送のテレビなどで良く耳にする「空気が乾燥しています」というようなことは、あまり感じたことがありません。
この私達の地方の「しっとり」とした空気は、繊維産業や漆器産業をはぐくんできたようです。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も、使う方に「しっとり」と心地よくフィットする眼鏡でありたいと考えています。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-C (コレクションシリーズ)の特長をご説明しながら、このシリーズに属してる代表的なモデルをご紹介いたします。

-A Y U M I- C (コレクションシリーズ)とは-
職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。
徹底的にデザイナーと職人のこだわりを突き詰めたフォルムが特長。
個性溢れる独創的な眼鏡。

AYUMI C-307 col.1226(ハニートートイス) SIZE 50□18-145

DSC02759.jpg

多くの方に受け入れられているフォルムに、さらに日本の眼鏡である『歩』“AYUMI”らしさを反映させています。

DSC02773.jpg

AYUMI C-308 col.5122(アユミブルー) SIZE 52□18-145

DSC02760.jpg

心地よく掛けてもらうために、徹底的にデザイナーと職人がこだわりを突き詰めてつくっています。

DSC02771.jpg

AYUMI C-306 col.0907(アユミブラック) SIZE 54□18-145

DSC02764.jpg

個性溢れる独創的な眼鏡をどうぞお楽しみください。

DSC02770.jpg

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



【トークイベントをご紹介いたします。】

和える代表 矢島里佳 X マコト眼鏡社長 増永昇司
「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」

日時: 2019年6月29日
【1】10:30-11:30 【2】19:00-20:00 (どちらも内容は同じです)
場所: aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105
定員:20名
参加費:無料 <お申し込みが必要です。 こちらからどうぞ>

95052f37e6ec3186704688cca4e69247-1300x863.jpg
(前回の様子です。)

この季節、可愛い紫陽花に心和まされています。

DSC02758.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/17(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる