セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

『歩』の魅力がより『歩』らしく – aeru さんより−

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、毎週月曜日に更新しております。

昨年 セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI ”は皆様のおかげで15周年を迎える事ができました。
そして、新しい『歩』"AYUMI"のチャレンジとして
「一歩先の使い手を考えたサングラス」をテーマに
「目に優しい」サングラスを提案いたします。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)-
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

それでは、この度完成いたしました、三つのモデルをどうぞご覧ください。
歩S-101 Col.0907 (アユミブラック)/ レンズカラー:ダークグレー

s_101_l_convert_20161203131350.jpg

歩S-102 Col.5122 (アユミブルー)/ レンズカラー:ブルーグラディエント

s_102_l_convert_20161203131418.jpg

歩S-103 Col.8017(ブラウン)/ レンズカラー:ブラウングラディエント

s_103_l_convert_20161203131437.jpg

詳細や各カラーバリエーションは、こちら からご覧ください。

これらの商品は、ご注文いただきましたすべての『歩』“AYUMI”お取扱店様に
すでにお届けいたしております。
今まで培った使いやすさへの技術を 『歩』“AYUMI ”初のサングラスにも
惜しみなく導入しましたので、是非お手に取ってお試しください。



また、今回のサングラスでは、日本を代表する若手ベンチャー企業経営者の
矢島里佳氏が率いる「株式会社 和える」さん(東京 港区)に多方面に渡り
ユーザー目線でアドバイスをいただきました。

re-branding.jpg 

「私ども、株式会社 和えるは、日本の伝統を次世代につなぐ仕組みと循環を生み出す企業です。
今回の『 aeru re-branding 』事業は、本質を磨き出し日本の伝統を次世代につなぐ企業やブランドの
本質・真の魅力を磨きだし、次の世代につないでいく仕組みを生み出しています。
この度は、マコト眼鏡さんの『歩』の魅力がより一層『歩』らしく、そして一人でも多くの方にお伝えできるよう
お手伝いをさせていただきました。」(株式会社 和える 代表 矢島里佳)

※ 和えるさんの “0歳から6歳の伝統ブランドaeru”は、こちらをご覧ください。素敵なブランドです。



かけやすさへの飽くなきこだわりから生まれた『歩』“AYUMI” として、
株式会社 和えるさんに加わっていただいたことで「一歩先の使い手を考えたサングラス」を
皆様にご提案させていただき快適な視生活を応援して参りたいと存じます。


「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
4月1日(土)~4月9日(日)
兵庫県三田市 ウッディ―タウン
Glass Fitter Sasada 様
tel 079-563-7060
どうぞお出かけください。


来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。






テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2017/03/26(日) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の思いやりの一つをご紹介いたします。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、毎週月曜日に更新しております。

今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の思いやり について
ご紹介させていただきます。

―2000年 セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”誕生―
「毎日使うからこそ、かけやすさにこだわりたい。」
かけやすさへの飽くなきこだわりから生まれた『歩』。
プラスチック枠の中で、形状変化に強いセルロイドを採用。
職人の手で削られ、磨き上げられた確かなものだけが、
『歩』と呼ばれるのです。一日でも永くかけ続けてほしい。
そんな職人の思いから、『歩』は誕生しました。

このように誕生した、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” には、
かける方への思いやりとして行っていることが、いくつかあります。
その中の1つ、眼鏡を汗から守るひと手間 についてです。

まず、『歩』“AYUMI”以外の眼鏡をご覧いただきます。

DSCN3900.jpg

『歩』“AYUMI”以外の眼鏡を、この写真のような角度から見ていただくと、
ほとんどの眼鏡については、つる(耳にかける側)の切り口部分には
このように金属の芯が一緒に見えていることと思います。

*     *     *     *     *     *     *     * 
   
そして、次はこちら『歩』“AYUMI”の眼鏡をご覧ください。
つる(耳にかける側)の切り口部分には、金属の芯は見えていません。

AYUMI  MK-01 COL.0907 (アユミブラック)  ※特別記念モデル

DSCN3896.jpg

もちろん、すべてのセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のつるの中には、
チタン材質の芯が打ち込まれています。
チタンは、さびにくい金属として医療用に体内で使われていることでも有名ですが、
すべての『歩』“AYUMI”は、この材質を使い、さらにセルロイドでフタをいたしました。
眼鏡を汗から守るひと手間なのです。
一日でも永くかけ続けてほしいという、職人の思いやりの一つです。

「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
只今、こちらで開催中です。
3月11日(土)~3月26日(日)
北海道美唄市
メガネの三愛 様
tel 0126-63-2229
眼鏡を汗から守るひと手間をかけたセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を、どうぞ是非実際に
お試しください。



そして、お店様へのお知らせです。
本日は東京に続き、大阪で開催される2017年春の展示会をお知らせいたします。

IMPRESSION インプレッション 
4月19日(水)~20日(木)
10:00~20:00
場所 PINE BROOKLYN
  (パインブルックリン)
   大阪市福島区福島1-2-35
   ・JR東西線「新福島駅」から徒歩5分
   ・阪神本線「福島駅」東改札口から徒歩3分
   ・大阪環状線「JR福島駅」から徒歩7分

昨年に続き二回目の出展となります。
この展示会では、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”新しいモデルもお披露目いたします。
お取引店様には、只今『歩』“AYUMI”より、ご招待状を準備中でございます。
この展示会またはセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてのお問い合わせがございましたら、
どうぞ当社のホームページよりご連絡ください。

20161013_1799300_convert_20170319134411.jpg

今日は春分の日。暑さ寒さも彼岸までと言われています。
雪国福井でも、いよいよ春支度です。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/20(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、毎週月曜日に更新しております。

さて、本日は
「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
についてご紹介いたしましょう。
眼鏡は、色や形もさることながら、大きさや重さ、掛け心地など色々な
ことを考えながらお選びになることと思います。
そして、もちろん視力を補助する役目もありますので、その場合はレンズ
との相性を確認していただく事も必要になります。
そのために、『歩』“AYUMI”お取引店様は、約100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を
お客様に実際に掛けてみていただくという機会をご用意しております。

20151215_1497936_convert_20151220181440_201703131015513d7.jpg

「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
3月から7月までの予定をご紹介いたします。

3月11日(土)~3月26日(日)
北海道美唄市
メガネの三愛 様
tel 0126-63-2229

4月1日(土)~4月9日(日)
兵庫県三田市 ウッディ―タウン
Glass Fitter Sasada 様
tel 079-563-7060

4月29日(土)~5月7日(日)
千葉県成田市 ボンベルタ
光琳眼鏡店 様
tel 0476-26-1058

6月24日(土)~7月2日(日)
福岡県春日市
めがねカントリー 様
tel 092-589-2626

7月7日(金)~7月20日(木)
青森県八戸市
メガネアート・八戸 様
tel 0178-74-5888

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、年齢性別を問わずご愛用いただいております。
この機会に、どうぞご家族お揃いで、この100種類をお試しください。
お待ち申し上げております。



そして、お店様へのお知らせです。

2017年春の展示会に出展いたします。
COMEカム 
Collection of modern eyewear
4月11日(火)~13日(木)
10:00~19:00
渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホールにて

初回より5年連続での出展となります。
この展示会では、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”新しいモデルもお披露目いたします。
お取引店様には、只今『歩』“AYUMI”より、ご招待状を準備中でございます。
この展示会またはセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”についてのお問い合わせがございましたら、
どうぞ当社のホームページよりご連絡ください。


come2017dm_convert_20170312133444.jpg

先週、こちら福井では思わぬ春の雪に見舞われましたが、
いよいよ春めいて参りました。
日本ならではの美しい桜の季節がもうすぐです。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。
















テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/13(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ発売いたします、新しいシリーズ。

本日もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

3月になりました。
陽気も一段と暖かくなり、陽射しも力強さを増してきました。
太陽の光のありがたさは、本当に言い尽くせないほどですが、
快適な暮らしのためには、その太陽光の眩しさからの目の保護は欠かせません。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、もうすぐ新しいシリーズを発売いたします。
このシリーズには、3つのモデルがあります。 3月中旬発売です。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)-

職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

<このシリーズで使用するレンズにつきまして>
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。


歩S-101 Col.0907 (アユミブラック)/ レンズカラー:ダークグレー

s_101_l_convert_20161203131350.jpg

このレンズの見え方は、こちらです。

DSCN3823.jpg

左 Col.1265 (レッド)/レンズカラー:ダークグレー  右 Col.3024 (キハク)/レンズカラー:ミディアムブラウン)

s_101_m.jpg


歩S-102 Col.5122 (アユミブルー)/ レンズカラー:ブルーグラディエント

s_102_l_convert_20161203131418.jpg

このレンズの見え方は、こちらです。

DSCN3796.jpg

左 Col.0674 (アユミパープル)/レンズカラー:グリーン  右 Col.6050 (クリア)/レンズカラー:ミディアムグレー

s_102_m.jpg


歩S-103 Col.8017(ブラウン)/ レンズカラー:ブラウングラディエント

s_103_l_convert_20161203131437.jpg

このレンズの見え方は、こちらです。

DSCN3819.jpg

左 Col.0907 (アユミブラック)/レンズカラー:ダークグレー  右 Col.6052 (クリアマロン)/レンズカラー:ミディアムグレー

s_103_m.jpg


目を紫外線から守り、美しい視界を作り出します。
『歩』AYUMI の思いやりで作られている、このサングラスシリーズを
是非お店でご体感ください。

DSCN3803.jpg

このシリーズには、特別に『歩』AYUMI オリジナルの革ケースと化粧箱をお付けいたします。
どうぞ、こちらも楽しみにお待ちいただけたらと思います。

このブログは、毎週月曜日に更新しております。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます



















テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/06(月) 06:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一枚のセルロイドの板と、職人と。

本日もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

2月もいよいよ終わってしまいます。
3月という声を聞くと、冬が終わったという安堵感とともに、
新たな年度への移行期間としての、気ぜわしさも感じます。
私達の工場でのこの季節は、新しいモデルの出来上がりを
目前にして、緊張感みなぎる時期でもあります。
新しいモデルを発表しましたのは、昨年の秋です。
そこから、実に半年ほどの時間を掛けて、じっくりと眼鏡を作りあげてきました。

この写真のように、たった1枚の板のようなものが、時間をかけて作られ
多くの曲面を持つ、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に変わってゆくという様は、
長年愛用されている方でさえも、ご存じ無いかもしれません。

105_convert_20170225142736.png

もちろんこの写真の工程の間々には、数えきれないほどの工程が存在しています。
どんなに細かな工程でも、1つ1つをきちんと終わらせないと次へ進むことはできません。



セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"は、このようなたくさんの工程をたどりながら、
マコト眼鏡の職人たちが、一丸となって作りあげている眼鏡です。
職人おのおのが受け持つ工程は、形を左右するような専門的なものもあれば、
各工程のための下準備的なものもあります。
ですが、どの工程も省略することのできない大切なものなのです。
今日も、職人をご紹介させていただきます。

康正さん。
彼は、セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"が磨き抜かれた後に、
更に磨き残しがないかを確かめながら、最終で磨きを掛けていく工程を受け持っています。
この工程は、磨き部分での最後の関門となります。
根気が必要とされる眼鏡の仕事のなかでも、「磨き」は、最も根気のいる工程です。
毎日、何時間も黙々と磨き続ける若い彼の姿が、いにしえの粘り強い職人たちの姿と重なります。
そして、若い職人の頑張りを頼もしく感じています。

DSCN3686_convert_20170225142701.jpg

このブログは、毎週月曜日に更新しております。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。










テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/02/27(月) 06:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる