FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

この度の地震で被害に遭われました方々にお見舞いを申し上げます。
雨が降って気温が下がったり、気温が上がって蒸し暑くなったりして、この季節は本当に体調管理が難しいです。
どうぞ皆様ご自愛くださいませ。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-S (サングラスシリーズ)の特長をご説明しながら、このシリーズに属しいてるモデルをご紹介いたします。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)とは -
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

<このシリーズで使用するレンズにつきまして>
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。

<「偏光サングラス」検査適合商品>
AYUMI-S (サングラスシリーズ)は家庭用品品質表示法に定められた方法に基づいた各種試験を受けて
適合すると認められています。

AYUMI S-101 Col.0907 (アユミブラック)
レンズカラー:ダークグレー *可視光線透過率 :12% *紫外線透過率:1%以下

s_101_l_convert_20170716144526.jpg

AYUMI S-102 Col.5122 (アユミブルー)
レンズカラー:ブルーグラディエント *可視光線透過率 :32% *紫外線透過率:1%以下

s_102_l_convert_20161203131418_201707231606146ec.jpg

AYUMI S-103 Col.8017 (ブラウン)
レンズカラー:ブラウングラディエント *可視光線透過率 :12% *紫外線透過率:1%以下

s_103_l_convert_20161203131437_201707091607223d5.jpg

AYUMI S-105 Col.7105 (ウエィビーブルー)
レンズカラー:ミディアムグレー *可視光線透過率 :15% *紫外線透過率:1%以下

S105-7105.jpg

AYUMI-S (サングラスシリーズ)は、めがねふき、革ケース、外箱がセットされています。
こちらもすべて日本国内で製造しております。

DSC01325_20180902154607c3e.jpg

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



本日ご紹介いたしましたサングラスのカラーバリエーションも含めまして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、
どうぞこちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



【トークイベントをご紹介いたします。】

和える代表 矢島里佳 X マコト眼鏡社長 増永昇司
「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」

日時: 2019年6月29日(土)
【1】10:30-11:30 【2】19:00-20:00 (どちらも内容は同じです)
場所: aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105
定員:20名
参加費:無料 <お申し込みが必要です。 こちらからどうぞ>

95052f37e6ec3186704688cca4e69247-1300x863.jpg
(前回の様子です。)



見上げると、緑の美しさ。
この緑の葉っぱ、このセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の偏光サングラスで見ていただきたいです。

IMG_1241.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --









テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/24(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

こちら福井県は、一年を通して湿度が高い地域です。
全国放送のテレビなどで良く耳にする「空気が乾燥しています」というようなことは、あまり感じたことがありません。
この私達の地方の「しっとり」とした空気は、繊維産業や漆器産業をはぐくんできたようです。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も、使う方に「しっとり」と心地よくフィットする眼鏡でありたいと考えています。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-C (コレクションシリーズ)の特長をご説明しながら、このシリーズに属してる代表的なモデルをご紹介いたします。

-A Y U M I- C (コレクションシリーズ)とは-
職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。
徹底的にデザイナーと職人のこだわりを突き詰めたフォルムが特長。
個性溢れる独創的な眼鏡。

AYUMI C-307 col.1226(ハニートートイス) SIZE 50□18-145

DSC02759.jpg

多くの方に受け入れられているフォルムに、さらに日本の眼鏡である『歩』“AYUMI”らしさを反映させています。

DSC02773.jpg

AYUMI C-308 col.5122(アユミブルー) SIZE 52□18-145

DSC02760.jpg

心地よく掛けてもらうために、徹底的にデザイナーと職人がこだわりを突き詰めてつくっています。

DSC02771.jpg

AYUMI C-306 col.0907(アユミブラック) SIZE 54□18-145

DSC02764.jpg

個性溢れる独創的な眼鏡をどうぞお楽しみください。

DSC02770.jpg

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



【トークイベントをご紹介いたします。】

和える代表 矢島里佳 X マコト眼鏡社長 増永昇司
「かけているのを忘れてしまう眼鏡『歩』へのこだわり」

日時: 2019年6月29日
【1】10:30-11:30 【2】19:00-20:00 (どちらも内容は同じです)
場所: aeru meguro
東京都品川区上大崎3-10-50 シード花房山S+105
定員:20名
参加費:無料 <お申し込みが必要です。 こちらからどうぞ>

95052f37e6ec3186704688cca4e69247-1300x863.jpg
(前回の様子です。)

この季節、可愛い紫陽花に心和まされています。

DSC02758.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/17(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

こちら福井県でも、「梅雨入り宣言」が発表されまして、その途端どんよりとした曇りの日が続いています。
実は私自身は、曇りや雨の日はそれほど嫌いではありません。
晴れの日は、どちらかと言うと心浮き立つ感じでそわそわとしています。
一方、曇りや雨の日は、なんだか落ち着いて室内の物事に集中できる気がするからです。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も、使う方を「落ち着いて集中できる」気分に誘える眼鏡でありたいと考えています。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-R (レギュラーシリーズ)の特長を
ご説明しながら、このシリーズに属してる代表的なモデルをご紹介いたします。

- AYUMI-R (レギュラーシリーズ)とは ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

AYUMI 036 col.5122W(アユミブルー/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-5122Wロゴ有り

AYUMI-R (レギュラーシリーズ)は、十分な厚みを持っていますので、職人の手によるいろいろな手法のカットを取り入れながら
製作しています。

AYUMI 036 col.0674W(アユミパープル/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-0674Wロゴ有り

この重厚さから想像すると、とても重い眼鏡のように感じられるかもしれませんが、必要な部分は厚く、不必要な部分は薄くというように重量バランスを大切に考えて作っていますので、見た目より軽いのです。

AYUMI 036 col.0907W(アユミブラック/ホワイトライン) SIZE 56□16-145

036-9071Wロゴ有り

見る角度によって、表情が変わります。いろいろな表情をお楽しみください。

036-0907Wロゴ有り

そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”すべてのシリーズに共通している特長はこの3つです。

1. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

2. プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用し、
眼鏡のつるの芯素材には、錆びにくくて軽いチタン素材を使用して長期に渡る品質の保持にこだわりいます。

3. セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

IMG_0220_convert_20160424093238_20190601174351607.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



本日ご紹介いたしましたAYUMI-R (レギュラーシリーズ)AYUMI 036は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にてお試しくださいませ。

また、現在このモデルの次回分の製作に取り掛かっております。
出来上がり予定は、2019年10月頃でございます。
出来上がり数量に限りがございますので、事前にご予約いただけますと幸いでございます。

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --













テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/10(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

窓を開けて心地よく仕事が出来る日は一年を通してそんなに多くはありませんが、
その機会に恵まれる日はなんだか自分がリラックスしている気がします。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”も、使う方をそんな気持ちに近づけてくれる眼鏡でありたいと思っています。

「心地よい眼鏡を、長く使い続けたい。」
使う人の、この気持ちに応えられる眼鏡を作りたいとの想いから2000年に『歩』“AYUMI”は誕生しました。
今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズの中の1つである AYUMI-L (ライトシリーズ)の特長を
ご説明しながら、このシリーズに属してるエレガントなモデルをご紹介いたします。

- AYUMI-L (ライトシリーズ)とは ―
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。
プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く
品質を保ちながら薄くできるのが特長。
重さを感じさせない眼鏡。

AYUMI L-1025 col.1265(レッド) SIZE 52□15-143

DSC02734.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、プラスチック素材の中でも、形状変化に強いセルロイドを採用して
究極の薄さを実現しています。

DSC02726.jpg

AYUMI L-1025 col.0473(ローストブラウン) SIZE 52□15-143

DSC02735.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、職人が鼻あて部分をひとつひとつヤスリがけし、
鼻への当たりの良さを考えながら、一体感のある形状に作り上げています。

DSC02738.jpg

AYUMI L-1025 col.0907(アユミブラック) SIZE 52□15-143

DSC02736.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、眼鏡のつるの切り口部分を、同色のセルロイドでフタをすることによって、
汗がつるの中に入り込まないように工夫しています。

DSC02741.jpg

AYUMI L-1025 col.6052(クリアマロン) SIZE 52□15-143

DSC02733.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、丁番とつるの芯素材には 錆びにくくて軽いチタン素材を使用して、
長期にわたる品質の保持にこだわっています。

DSC02737.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の4つのシリーズとそれぞれの特長をご説明したリーフレットがございます。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にございますので、どうぞお気軽にお手に取ってご覧ください。

IMG_0220_convert_20160424093238_20190601174351607.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”バリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



6月が始まりました。
季節の移り変わりに合わせながら、いろいろな草花が葉を出し、花を咲かせ、実を実らしていきます。
そして、すべての生き物が自分なりの最善を尽くして日々を送っていることに改めて感心しております。

DSC02751.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --









テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/06/03(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新発売 AYUMI S-105 サングラスをご紹介いたします。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページではセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報やお伝えしたいことを載せて毎週月曜日に更新しております。

5月だというのに、真夏のような日々がやってきています。
そんな日々にあわせたわけではありませんが、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のAYUMI-S (サングラスシリーズ)から、
新しいモデルのサングラスが発売となりました。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)とは -
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

新発売 AYUMI-S105は、丸いフォルムの華やかなイメ―ジで出来上がりました。
つるは幅広で、サイドから入り込む光が軽減されます。
このモデルのバリエーションは全部で3色です。

AYUMI S-105 Col.7105 (ウエィビーブルー)
レンズカラー:ミディアムグレー *可視光線透過率 :15% *紫外線透過率:1%以下

S105-7105.jpg

波を思わせる、流れるブルーのラインが涼しげです。

S105-7107.jpg

AYUMI S-105 Col.7038 (パールホワイト)
レンズカラー:ダークグレー *可視光線透過率 :12% *紫外線透過率:1%以下

S105-7038.jpg

フロントのはっきりしたホワイトは、このサングラスのフォルムの美しさをくっきりと映し出し、テンプルの落ち着いたブラックはその美しさを際立たせます。


AYUMI S-105 Col.1226 (ハニートートイス)
レンズカラー:ミディアムブラウン *可視光線透過率 :15% *紫外線透過率:1%以下

S105-1226.jpg

しっとりしたブラウンと大理石のようなマーブルブラックの組み合わせが上質感を感じさせてくれます。


<このシリーズで使用するレンズにつきまして>
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。

<「偏光サングラス」検査適合商品>
AYUMI-S (サングラスシリーズ)は家庭用品品質表示法に定められた方法に基づいた各種試験を受けて
適合すると認められています。

目を紫外線から守りながら とても美しい世界を見せてくれる、この偏光サングラスですが、
見え方と掛け心地は実際にお試しいただかないとわかりません。
是非、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にてお試しください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”サングラス 他モデルのバリエーションは、こちらをご覧ください。

セルロイド『歩』“AYUMI”シリーズ別商品一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ



木戸をくぐると、つつじが終わった庭に大輪のテッセンが咲いていました。
私はその時、何よりも このお庭をセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のサングラスで一度見てみていただきたいと思ったのでした。
それは「はっ」とする美しさに一瞬で変わるからなのです。

IMG_1171 (002)

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --






テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2019/05/27(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる