セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

小説で始まり、AYUMI-L シリーズ2モデルヘ

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

いよいよ、12月です。
クリスマス、忘年会、大掃除、年越しの行事と
慌ただしく過ぎていく師走の始まりです。

そんな師走に、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のホームページを更新いたしました。
新しく追加されたモデルや、来年3月発売のモデルを載せております。
あわせて『歩』“AYUMI”お取扱店様の情報も更新しております。
どうぞ、このお取扱店様にて実際のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をご体験ください。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のホームページは、こちらからどうぞ






今月のブログは今年の締めくくりとして、
順を追ってこの一年を振り返ってみることにいたします。

その一
2月には、福井で眼鏡つくりを始め、現在の眼鏡産地の礎を築いた
増永五左衛門とその弟 幸八の物語「おしょりん」が出版されました。

DSCN2601.jpg

この創始者 増永五左衛門の血を受け継ぐ、当マコト眼鏡にとっても
先達の苦労と頑張りが世の中に伝えられることを、とても嬉しく思いました。。
そして同時に、受け継ぐ私達の責任の重さも改めて感じました。



その二
4月には、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” 16年目といたしまして
AYUMI-L (ライトシリーズ)の新たなるモデルを2型発売いたしました。
- AYUMI-L (ライトシリーズ)とは ―
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。
プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く、
品質を保ちながら薄くできるのが特長。重さを感じさせない眼鏡。

AYUMI L-1023 col.5265 (トートイス)

l_1023_l_convert_20161203131756.jpg

AYUMI L-1025 col.0473 (ダークブラウン)

l_1025_l_convert_20161203131814.jpg

l_1023_m.jpg  l_1025_m.jpg

美しい眼鏡に仕上がりました。
大変好評をいただいております。




来週は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”が、思わぬ展開をした事を振り返りたいと思います。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。




テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/12/05(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に携わる職人達

本日も、本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

11月最後の月曜日になりました。
11月にしては暖かい雨が降っています。
こちら福井では年間を通して曇りや雨の日が多いものですから、
このようなどんよりとした日は、不思議と落ち着きます。

今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の中で、
最もレンズの上下が狭いモデルをご紹介いたしましょう。
横長のシェイプです。

歩022 Col.0907 (アユミブラック)

DSCN3519.jpg

しっかりとした厚みを持っています。

DSCN3514.jpg

歩022 Col.5265(トートイス)

DSCN3517.jpg

タイマイという亀の甲羅(鼈甲べっこう)を模した色です。

DSCN3513.jpg


セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"は、
マコト眼鏡の職人たちが、一丸となって作りあげている眼鏡です。
1枚の『歩』”AYUMI"を作るためには、数えきれないほどの工程があります。
職人おのおのが受け持つ工程は、形を左右するような専門的なものもあれば、
各工程のための下準備的なものもあります。
ですが、どの工程も省略することのできない大切なものなのです。

今日も、職人をご紹介させていただきます。

晴美さん。
彼女は、長い経験を持っています。
てきぱきと仕事を進める彼女の姿は、私達の工場に活気を生み出します。
眼鏡を作る時には、絶対にやりなおしのきかない場面があります。
そして、その工程はその眼鏡にとっての出来上がりを左右する大切なものでもあります。
彼女がその工程を、真剣に着実にこなしていく姿を
私は、とても力強く感じています。

DSCN3156.jpg

日本のものつくりは、長い経験に支えられています。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2016/11/28(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋色の『歩』AYUMI です。

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

霜月11月になってからは、こちら福井は暖かな、というより
少し暑い..というような日が時々あります。
そのせいでしょうか、いつもなら、さっと紅葉して、
さっと落ち葉になってしまう銀杏の木が、
「こうやって黄色くなっていきます。」という場面を見せてくれました。
葉の先端は、一番最後に黄色くなるのですね。

DSCN3491.jpg

私達の工場につながる道は、銀杏並木になっています。
長い間、私はこの銀杏の木を見続けてきたつもりだったのですが、
こんな風に紅葉していくことを、今まで全く知りませんでした。
見るということは、気づくということにつながるのですね。

この銀杏を見ていたら、この眼鏡を連想いたしました。
歩L-1013 Col.1231 (フロント カーキブラウン/つる ブラック)

DSCN3500.jpg

このように深みのあるカーキ色は、やはりセルロイド素材だからこそです。
このしっとりとした色合いは、私達の肌に自然と馴染みます。

DSCN3495.jpg

つるのブラック色が、このカーキ色を引き立てています。



そして、これらのセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI ”をたくさんお試しいただける催しが
宮崎県で行われております。

trunk optique トランクオプティーク様にて
宮崎市船塚3-147 TEL 0985-89-2644
11月23日(祝)まで

15003212_1809135652636468_685708454748692936_o_convert_20161120145004.jpg

2017年春発売予定の『歩』AYUMI サングラスもご試着いただけるようご用意しております。
また、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI ”の製作現場の映像(特別編)を、店内でご覧いただけます。

15068272_1809893609227339_1666034547676217799_o.jpg

どうぞ是非、お出かけください。
そしてこの『歩』AYUMI だけの特別な映像を、見る ということで、
何か、気づく ということがきっとおありになると思います。
私達もそれが楽しみでなりません !

また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。









テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/11/21(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人の手仕事による新しいシリーズ 三つ目のモデル

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

当社の会長自慢の野菜、大根や、かぶ、さといも
柿や、ゆず、が続々と届くこの頃は、実りの秋そのものです。
味もさることながら、新鮮な野菜や果物の色や形の美しさを、改めて感じています。
そして、こうして豊かな秋の実りを蓄えた後に、厳しい冬がやってくるという自然の摂理にも、
感心させられます。

それでは先々週の二モデル目に引き続き、
今日は最後の三モデル目をご紹介いたしましょう。


秋の展示会では、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”16年目の挑戦といたしまして、
新しいシリーズを発表いたしました。
そして、この中には三つのモデルがあります。

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)-
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

歩S-103 Col.0907 (アユミブラック)/ レンズカラー:ソリッドグレー

DSCN3375.jpg

DSCN3384.jpg

歩S-103 Col.8017 (ブラウン)/ レンズカラー:ブラウングラデーション

DSCN3377.jpg

DSCN3383.jpg

歩S-103 Col.6052 (フロント:クリアマロン つる:グレィッシュピンク)/ レンズカラー:ソリッドライトグレー

DSCN3380.jpg

DSCN3382.jpg

仕様は、重さを感じさせない A Y U M I - L (ライトシリーズ) を基本としています。

DSCN3480.jpg

このシリーズで使用するレンズにつきまして
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。
*今回このシリーズ第一弾として発表した三つのモデルとも、
偏光サングラスとしての、新JIS規格に適合しています。


これで、’2017春発売のサングラスシリーズ 3モデルすべてをご紹介いたしました。
これらサングラスの発売は、来年3月を予定しております。
このA Y U M I - S (サングラスシリーズ)は、『歩』専用のケースに入れてお届けいたします。

今年は、気温の変動の激しい日が多いように感じています。
どうぞ皆様、ご自愛くださいませ。
そして、来週もこのブログでお会いできましたら幸いでございます。








テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/11/14(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型Collection シリーズ 出来上がりました。 

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

こちら福井では、日差しはまだまだ暖かですが、
時折の風に落ち葉がくるくると舞う様子を見ますと
冬もそう遠くはないと感じております。
先日には、福井を代表する冬の味覚「越前がに」漁がいよいよ解禁となりました。

そして、大変お待たせいたしました。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” の 2016年 秋モデル
“Collection シリーズ”
C-307.308 が出来上がりました。

AYUMI C-307 col.5265 (トートイス)

DSCN3439.jpg

滑らかな曲面を持っております。

DSCN3442.jpg

カラーは、五色ございます。

DSCN3441.jpg

そして、もう一モデル
AYUMI C-308 col.5122 (アユミブルー)

DSCN3435.jpg

めりはりのある作りです。

DSCN3437.jpg

こちらも、カラーは五色ございます。

DSCN3451.jpg

職人たちが心を込めて作り上げました。
どうぞ、是非お手に取ってお試しください。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” のリーフレットが新しくなりました。
『歩』お取扱の眼鏡店様にてお渡ししております。

DSCN3449.jpg



あるお店様から、
「ご予約いただいておりましたお客様が、さっそく受け取りにいらっしゃいました。
とてもうれしそうにお持ち帰りになられました。」とさっそくご連絡いただきました。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、手早く作ることができません。そして、たくさん作ることもできません。
このように皆様にお待ちいただいていることに、心より感謝申し上げます。
私達にできるお返しは、良い眼鏡を作ることだけです。
これからも、一生懸命に眼鏡を作らせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

来週は、2017年春発売予定 サングラスシリーズの三モデル目をご紹介させていただきます。
来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。






テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/11/07(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる